最新育毛剤フィンジアの効果は?6ヶ月間使い続けた効果を公開します

 

このサイトでは、最新の育毛剤であるフィンジアについて解説していきます。
フィンジアは私にとって初めての育毛剤ではありません。

 

これまでにブブカやチャップアップなどを試してきて、ちょっと違った成分が配合されているものが良いと考え、選びました。
どんな特徴があるのか見ていきましょう!

 

育毛剤の効果に疑問を持ってきた人向けの育毛剤

 

おそらくフィンジアの購入を検討している人はキャピキシルやピディオキシジルの効果があるのかなと、期待している人が多いかもしれません。

 

私自身も成分に魅力を感じて買ったので。
「ミノキシジルは副作用が怖い、かといって一般的な育毛剤は効果が薄い感じがする」という人が手にする育毛剤だと思います。

 

フィンジアには女性ホルモンの作用と似ているアカツメクサ花エキスとアミノ酸が構成して作られたアセチルテトラペプチド-3が合成されています。

 

この2つの作用は発毛と育毛という両方の作用があるんじゃないかと思っています。(あくまで個人的意見ですが)

 

アカツメクサ花エキスは女性ホルモンの分泌を促してくれるのでDHTを抑制し、抜け毛を防いでくれる効果が期待できます。

 

一方、アセチルテトラペプチド-3はアミノ酸なので髪の毛になる成分。
髪の毛になるということは休止期状態の頭皮に発毛を促してくれるんじゃないかなと期待できます。

 

「抜け毛だけを抑制する」とか「発毛を促す」という事ではなく、両方の作用が期待できるのがフィンジアの魅力だなと感じました。

 

プランテルより期待できるかも!

 

フィンジアに入っている成分は同じ製薬会社から販売されているプランテルがさらに強力になったものと考えてよさそうです。

 

実はプランテルに入っていた毛髪活性成分もいくつか入っているんですよ。
例えばヒキオコシエキス、ヒオウギエキス、褐藻エキス、ボタンエキスなどはプランテルにも入っていたもの。

 

効果があると自信を持っているからこそ新しい育毛剤のフィンジアにも入れた可能性が高いですね。
そこにプラスしてキャピキシルとピディオキシジルとカプサイシンが入っています。

 

いずれも毛母細胞を活性化して毛乳頭を太くする作用があるため、今まで以上に抜け毛抑制と育毛効果が期待できるんじゃないかなと思います。

 

フィンジアは「今までの育毛剤よりもっと効能がありそうな育毛剤が欲しい!」と考えている人にオススメです。